ランダム積み木 樹種6種類入り

¥ 660

SOLD OUT

箱外寸法:230×66×厚30ミリ
樹種:6種(ウォールナット、チェリー、ケヤキ、栗、山桜、メープル、ナラなど、バーニングペンで書いています。)
仕上げ:面取り済み、仕上げは、機械仕上げ、無塗装
  (手押し鉋盤ナイフマークと、ノコ刃で切った状態です)
材は、厚みだけ揃っていてあとはランダムなサイズ。
おまけ:荒いペーパーと細かいペーパーを木に貼り付けた磨く板を同封します。

木に触れるという経験を一人でも多くの人に伝えていくことができたら、
この何十年選手の木のかけら達も本望でしょう。とはいえ、いったいどうしたら
このかけらたちを家庭のなかに活用できるのか、考えた末、使わないときはちゃんとまとまって片付けられる状態がいいのでは、でも木の箱をつくると「積み木っていいけどけっこう高いもの」になってしまう、、、スプーン用の箱が、ぴったりだったので、試しに販売してみましたら、大好評でしたので、今回は面取り済みのバージョンをアップします。
(赤ちゃんの誤飲サイズより大きめに設定していますが、ご注意をお願いします)

子供の遊び方&大人の遊び方:
・箱から出して箱に戻す(ランダムな形なので子供は縦横考えないと入らない)
・大きい順に並べる、高く積み上げる
・お酒を飲みながらのんびりペーパーで磨く
・リハビリに。
・バーニングペンでいろいろ模様を描く
・キリで穴をあけて、のこぎりで斜めに切って、家の形のキーホルダーにする
・素材として活用できます。木工作は、できあがったそのものの価値とまた別に、
過程の体験に価値があります。工作をすすめるなかで、なにをつくろうか考える力、やっていて気付く発見、切る感触や穴を開ける、削る、磨く。面の取り方もちょっと変えると印象が変わり、無限のバリエーションがあります。また、道具の使い方を教えてくれる人の手元を見てやってみる感覚。その経験は、おじいちゃんと、一緒に作業してもいいですね。かわいい子供の字のうちに、マジックで木に数字を書いてもらって、手作り時計の文字盤にしてもかわいいです。
-------木工作初心者のかたにもおすすめの工具---------
① 卓上バイス :小さい部材はキチンと固定することで両手がフリーになり作業しやすくなります。かつ安全に作業できます。3000円位
(卓上に固定するクランプがついているものか、ビス留めタイプを普通のクランプで固定)
②通称きつつきノコ「ゼット ミニパネルソー きつつき 刃渡り150」1600円位
(刃渡り150ミリと小ぶりなのと、先端がとがっていないのでお子様にも安心なサイズ感)
③キリ 電動ドリルがなくても、手で開けられます。小さいお子様で長い普通のキリが心配な場合は、短い手回しキリもあります。(「スターエム 33-050 木ネジビット 5mm」550円位)
④バーニングペン4000円~10000円 ハンダごてのようなイメージで、先端が熱くなるペンで木を焼くことで模様や文字を書くことができます。鳥の羽の模様を描いたり、座ったままで楽しめる作業です。6歳ぐらいからできますが、子供さんは、やけどと火事に大人の注意が必要です。

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • レターパックプラス520円

    速達並みの速さ、対面手渡し、追跡サービス有り
    A4サイズ、4kg以内

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 520JPY
Related Items
  • 我谷盆(わがたぼん)へぎ板作品カトラリーサイズ約260×130×30
    ¥ 22,000
  • ケヤキ拭漆隅切盆 320×200
    ¥ 23,100
  • バターナイフ 箱入り贈り物
    ¥ 1,980

Reviews of this shop

  • コスモコースター

    コスモコースター

    栗古色

    木製品の扱い方がわからなくても、とても丁寧な説明がついてくるので、安心して使えると思います。 包装がとても素敵で、自分用に購入したのですが、まるでプレゼントしていただいたかのような気持ちになりました。 また利用したいお店です。ありがとうございました。

    嬉しいレビューを頂き、こちらこそありがとうございました。 世の中にはいろいろな木製品と塗装があり、その扱い方の説明は 木全般のことなのかその塗装の場合だけのことなのか、わかりにくいですよね。 不安や誤解を取り除き、木を安心して気持ちよく使って頂けるように これからも扱い方の紹介コラムを書いていこうと思っています。 今の包装は試行錯誤の末にたどり着いたので、そう言って頂きホッとしています。 コースターとなった栗の木も、新しい居場所で一息ついている頃でしょう。

  • コスモコースター

    コスモコースター

    栗くり